『月野』のチ●ポによって『千鶴』のいやらしい本性は覚醒した。
しかし『月野』への思いは儚く散ってしまう。

失意の中さまよう『千鶴』、気づくとそこは『太村先生』の自宅近くだった。

「太村先生だけはいつも私を必要としてくれる…」
『月野』への歪んだ好意を失った『千鶴』は中年教師の雌犬オナホへと堕ちていく…

「ご主人さま、もっと千鶴を愛してくださいね」

2021 12 10 150948 - OVA千鶴ちゃん開発日記 #5
2021 12 10 151003 - OVA千鶴ちゃん開発日記 #5
2021 12 10 151054 - OVA千鶴ちゃん開発日記 #5

高画質版は下記から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です